焚き火で癒され暮らしにゆとりを

焚き火をこよなく愛する中年女子です。キャンプの話がメインになりそうですが、サカモトの日常も綴っていこうと思います。

初心者キャンパーがおすすめする斧は?

 こんにちは (^-^)

 

 

今月キャンプに行けてない(泣)

 

キャンプに行きたい。

現実から離れて

山にこもりたいと願うサカモトです。

 

 

 できれば月一でキャンプに行きたい!

 

でも、8月までは行けそうになく (泣)

 

今度キャンプに行くまでに、じっくりと

タープ選びをしようと思っています。

 

 ギア選びの時間って、本当に楽しい♪

楽しいですけど、

やっぱりキャンプに行きたい…。

 

 

 

 話は変わって

 

私はデュオキャンプ(二人キャンプ)を

始めて、まだ半年ほどの初心者キャンパーです。

 

 キャンプを始めたきっかけは

YouTubeでした (^-^)

 

 

 ヒロシさんのキャンプ動画を見て

焚き火の映像がとてもきれいで、

炎の揺らめきを見ていると、とても癒されるんですよね。

 

 その映像を見て、キャンプをというよりも

焚き火がしたい!薪割りをしてみたい!

と思うようになり

 

ひろしさんが使っていた

ピコグリルという焚き火台を

最初に買いました。

 

しかし

焚き火をするなら焚き火台があればいいという

わけではなく、

 

  •  焚き火台
  • 斧または鉈
  • ナイフ
  • ファイヤースターター
  • 革手袋

 

と揃えるものも多くあります。

 

 

 私は初心者なので、

何がオススメなのか

全くわかりませでした。

 

 

 薪割りには

ナイフ? それとも斧? 日本人だから鉈がかっこいい?

 

 種類も沢山ありすぎて

どれを選んでいいのかわかりません ^^;

 

 

始めてデュオキャンプに行った時に

予約していたキャンプ場はその日に限って

薪の在庫が切れていて

慌てて薪を買いに行くことになり、

その時に斧も買ってみたんですが…。

 

 二千円位の安い斧で、刃がついておらず

薪割りに使えると書いてあったのに、

刃が薪に刺さらず、使い物になりませんでした。

 

 

 そこで、ちゃんとした斧を買おうと

色々と検索して調べてみると

初心者は斧を壊す!とあって(笑)

確かに使い方もよく分からず、無理やり

薪を割ろうとするので、刃がダメになりそうですよね。

 

 なので、

最初から高い斧を買うのではなく

安い斧で練習して、薪割りが上達したら

欲しい斧を買おうと思いました。

 

 

 そこで、出会ったのが

こちらの斧です!

 

 

 f:id:SAKAMOTOeleven:20190628142300j:image

千吉 馬金型手斧

幅135×高さ335×奥行225mm

重量 700g

税込 2675円

 

 

 渋いでしょ〜!

めちゃくちゃ気に入ってます!

 

 このお値段でとてもいい仕事してくれています。

薪割りの練習にはもってこいの斧です。

 

 

 和斧には片側に3本、反対側に4本の線があります。

その線は信仰的な意味を持っていて

 

 樵(きこり)の作業を見守る山の神様への信仰の意味があるそうです。

 

  •  3本の線は「ミキ」で神酒を表す。
  • 4本の線は「ヨキ」で四気または四大を表しているそうです。

四気とは?   太陽・土・水・空気

四大とは?   地水火風

 

 それと

大木が倒れてきても身をよける 3(み)を4(よ)ける

という縁起担ぎの意味も含まれているそうです。

 

 

 和斧って日本の和心がこもっていて

ますますいいな〜と思っております。

 

 

  薪割りに慣れるまでのつもりで

買った千吉ですけど、これからも

使っていくんだろうな〜♪

 

 

 上の写真に載っている革手は

安いんですけど、色が二色あって

私のとツレのと見分けるのにとても便利です。

 こちらも今のところ気に入っているので

リピートするつもりでいます。

 

 

 

 そしてもう一つ

キャンプギアとして使っている

和物がこちら

 

f:id:SAKAMOTOeleven:20190628144658j:image

 

アルミの急須です

 

昭和って感じですよね(笑)

こちらは二人で使うには、容量が少し足りないかな

と思いますが、キャンプの時は必ず持って行って

使用しています。

 直火で使っても今の所大丈夫そうです。

 

 

 

 焚き火を楽しんでいる様子を

動画にしていますので、よかったらそちらも

ご覧ください♪

 

 

 


茶屋の原 焚き火で遊ぶ編

 

 

 

 それではまた♪