焚き火で癒され暮らしにゆとりを

焚き火をこよなく愛する中年女子です。キャンプの話がメインになりそうですが、サカモトの日常も綴っていこうと思います。

梅ジュースを作ろう

 

 先日、青梅を頂いたので梅酒を作ります!

と言っていたのですが…。

 

f:id:SAKAMOTOeleven:20190611200451j:image

 

 いざ梅酒用のお酒を買いに行くと、35度の焼酎が見当たりません。

置いてあるのは、ホワイトリカー等の果実酒用のお酒でした。

( 私は芋焼酎が好きなので、梅酒も芋焼酎でしか作りません)

  他のお店を探し回る元気はなく、今年は諦めて梅ジュースを作る事にしました!

 

 梅ジュースだと、子供も飲めるし、梅サワーにして飲むこともできるし

大人も子供も楽しめていいですよね!

 

 私はどちらかというと、さっぱりしていて甘みが強くない方が好きなので

梅酒も梅ジュースもきび砂糖を使います。ミネラルも豊富なので甘さを控えたい方には

きび砂糖はお勧めします ♪

 

梅ジュースの作り方

  1. 材料を用意する・・・・☆青梅 1キロ   ☆ 砂糖1キロ   ☆竹串    ☆瓶(5L)☆消毒用の焼酎
  2. ビンを消毒する・・・・焼酎をまわし入れる
  3. 青梅のアクを取り、水で洗う・・・水に2〜3時間漬け込んだ後、水で洗い流す
  4. 水気を拭き取る・・・・ペーパーで梅の水気をしっかりと拭き取り、乾燥させる
  5. 梅のヘタを取る・・・・竹串でヘタを取り除く
  6. 青梅と砂糖を入れる・・・ビンに砂糖と梅を交互に詰めていく
  7. フタをして冷暗所に置く
  8. 毎日ビンをゆする・・・蓋は開けずに、密封したままビンをよく振る

       1ヶ月ほどで出来上がり♪ 

     飲む時は、お水か炭酸で割って下さいね。

 

    出来上がった梅ジュースの保存は、梅を取り出して液のみ

 加熱してから(沸騰させない)冷蔵庫で保存してください。

    (  ※ 発酵してしまった場合も、加熱すると大丈夫だとか)

 

   私の場合、きび砂糖を使っていますが

 砂糖の種類は何でもOKですよ ♪

 

f:id:SAKAMOTOeleven:20190611200552j:image

      美味しい梅ジュースができるかな?

   毎日ビンを振るのが面倒ですが(汗)

少しずつ変化があるので、見ていて飽きませんよ(^-^)

 

 f:id:SAKAMOTOeleven:20190611200936j:image

       二日目はこんな感じで、もう梅から水分が出てきていますね!

    

    梅ジュースを作るたびに思っていたのが

 これって子供と一緒に作って、変化を記録しておけば

 夏休みの自由研究になるんじゃない?

  と、毎回思っていたけど・・・。梅ジュースを作る期間は5月〜6月のみ(泣)

   毎回つくった後に、あ!!!自由研究!!!と思い出す私でした。

 

     早く、炭酸で割って飲みたいな〜 ♪   1ヶ月後が楽しみです!